セミナー情報

過去セミナー

炎上を防ぐルールや教育など、
様々な視点で弊社のノウハウを共有いたします。

ウェビナー 受付終了

【Irumis×Reliefsign 共催Webセミナー】企業公式アカウントの危機管理を踏まえたTwitter運用術

企業公式アカウントの危機管理を踏まえたTwitter運用術 <セミナーのポイント> Twitterを企業公式で運用す...

オンデマンドセミナー 受付終了

2022年03月04日

IT統制・管理体制構築のすゝめ ~サイバー攻撃による被害、ネット炎上事例と対策のポイント~

MS&ADインターリスク総研株式会社 様のセミナーに登壇いたします。 オープンセミナー(Web配信) IT統...

ウェビナー 受付終了

2022年03月03日

ハラスメント対策(研修)の必要性 ~ハラスメント対策は従業員だけでなく、企業も守る~

これまでのハラスメント対策は、「万が一発生した場合に対応するもの」でしたが、社会的背景や法改正により、ハラスメント対策が「発生しなくても体制づくりをしておくもの」と変化してきています。
しかし、ハラスメントの法律上の定義や基準が難しく、適切な指導や教育、何から始めたらいいかわからない担当者もいらっしゃるのではないでしょうか。

ウェビナー 受付終了

2022年02月24日

SNS従業員教育を始めたい担当者必見!「炎上を防ぐSNS社員教育のコツ」

スマートフォンの普及により、SNS利用者は年々増加の傾向にあります。
また、新型コロナウィルスの感染拡大で、テレワークやオンライン授業、そしてオンライン飲み会などの機会が増え、さらにSNS利用者の増加に拍車をかけ、
従業員のSNS教育の必要性が高まってきました。

ウェビナー 受付終了

2021年12月16日

スマートフォンの所持率が高まった現代は、個人が自らの価値観で自由に意見をSNSに投稿しやすい世の中になりました。 それが、企業や個人に対して過剰な批判や中傷的な発言をして、苦しんでいる方も多くいるのが現状です。 それを受けて政府でも、21年9月の法制審議会にて、ネット中傷被害について刑法の侮辱罪厳罰化を諮問すると発表しました。

スマートフォンの所持率が高まった現代は、個人が自らの価値観で自由に意見をSNSに投稿しやすい世の中になりました。
それが、企業や個人に対して過剰な批判や中傷的な発言をして、苦しんでいる方も多くいるのが現状です。
それを受けて政府でも、21年9月の法制審議会にて、ネット中傷被害について刑法の侮辱罪厳罰化を諮問すると発表しました。

ウェビナー 受付終了

2021年12月24日

「2021年総括!」炎上事案から学ぶ、ソー シャルリスク対応のポイント

2021年に話題となった炎上ニュースを振り返り、企業が注目すべき事案について専門的な独自視点でピックアップ。
従業員によるバイトテロの連続発生、公式アカウントへの非難やインフルエンサー活用のトラブルなどを事例に、炎上騒動にまで発展した経緯とリスク要因について解説します。

ウェビナー 受付終了

2021年11月26日

2022年 SNS従業員教育を始めたい担当者必見!「炎上を防ぐSNS社員教育のコツ」

スマートフォンの普及により、SNS利用者は年々増加の傾向にあります。
また、新型コロナウィルスの感染拡大で、テレワークやオンライン授業、そしてオンライン飲み会などの機会が増え、さらにSNS利用者の増加に拍車をかけ、従業員のSNS教育の必要性が高まってきました。

ウェビナー 受付終了

2021年10月20日

コロナ時代の「情報漏洩トレンド」と「SNSへの漏洩リスク」対策セミナー

企業システムへの不正アクセスやマルウェア被害、ランサムウェアなどの外部からの攻撃により、
多くの企業が情報セキュリティ事件に直面しています。テレワークの働き方を狙った攻撃や内部不正による情報漏洩までも発生。
これらの事件により、自社が保有する個人情報や顧客情報などが漏洩しないように、企業には今まで以上にセキュリティ対策が必要な時代です。

ウェビナー 受付終了

2021年10月15日

「2021年秋 炎上事案」から学ぶ ソーシャルリスク対応のポイント

2021年の上半期~現在に話題となった炎上ニュースを振り返り、企業が注目すべき事案について専門的な独自視点でピックアップ。

ウェビナー 受付終了

2021年09月27日

店舗運営での炎上リスクを減らす3つのポイント 〜従業員と店舗、企業ブランド守る効果的なソーシャルリスク対策〜

店舗を起点とした炎上騒動の原因(火種)は、従業員自身の問題行為、利用者と従業員間のトラブル、SNS上に流れるネガティブなクチコミ(評判)等から発生します。いざという時に本部が迅速な危機管理を行うためには、どんな条件が必要なのでしょうか。