漏えいファインダー

企業が知らない間に社外に漏えい(流出)した社員のID・PW情報を、専門の調査チームが常時捕捉し、速やかにご報告。企業組織のデータ漏えい(流出)リスクを抑制します。

サービスの概要

世界中で起きているハッキング事件によってサイバー空間に漏えい(流出)したデータを専門チームが日々調査し、その中から、知らないうちに漏えい(流出)してしまった貴社のアカウント情報(電子メールとID、パスワード等)の被害状況を調査し、都度ご報告します。

2021年6月現在、979を超える世界の漏えい事件から、合計231億レコードを超える漏えいアカウント情報を特定しています。この中から貴社・貴組織のドメインを持つ情報を探し出します。日本の属性を示す「.jp」アカウントだけで 約3億8113万レコードを特定済みです。

調査対象 社員がWEBサービスなどに登録したユーザー情報
(ユーザーID・パスワード・メールアドレス など)
調査方法 インターネット上を独自技術で日々捜索し、流出したユーザー情報が、 ファイルとして存在していないかを解析しています。
報告内容 流出が確認され次第、都度ユーザー毎に以下をご報告します。
●流出元サービス名及び登録メールアドレス
●ユーザーID及びパスワードの漏えいの有無
●その他の情報(クレジット情報 等)

調査パートナー:株式会社ソリトンシステムズ

東京都新宿区に本社を置く、ITセキュリティ製品等を取り扱う専門企業。独自技術(Soliton CSA)でネット上を捜索し、アカウント情報などを捜索可能。東証一部上場企業。

ユーザーアカウントの漏えいに伴うリスク

「なりすまし」や「不正アクセス」などのサイバー犯罪をする者にとって、アカウント情報は最も有益な情報の一つです。

今日、WEBサービスやソフトウェアなどを利用する際にアカウントの登録はもはや必須となっています。それと同時に、このユーザーアカウントを狙ったハッキングにより膨大な数のアカウントが外部に漏えい(流出)しています。

ときにこういった情報は知らないうちに、悪意のある第三者の手に渡り、企業に莫大な損害をもたらすこともあります。

“メールアドレス(ID)・パスワード”の
セットが流出すると・・・

なりすましによる
不正ログイン

流出元のサービスへ不正ログインされる可能性

社内システムへの不正ログイン

フィッシング詐欺

入手したユーザー情報から、流出元のサービス名を騙って偽サイトへ誘導する
事実をもとにしたメール内容のため、本物と間違える危険性が高い

まずは自社の情報漏えいの現状把握から

全世界で発生しているオンラインサービスを標的としたハッキング事件から漏えいした
アカウントデータを調査対象とし、貴社のアカウント漏えい状況を報告します。

実際にアカウントの漏えいが確認された場合は、ユーザー毎に、
漏えい元サービス名や漏えい内容を報告書にまとめて納品します。

<報告書サンプルの一部>

注意喚起し、パスワード変更等の対応を推奨します

注意喚起のみならず、
リスク専門家である弊社独自の対応

まずはお気軽にご相談ください。

ご利用料金

「漏えいファインダー」
サービス料金(契約期間:1年間~) 
初期費用(過去の捕捉データ一括提供費用) 150,000円
対象ドメイン数 1ドメイン 30,000円/月
1ドメイン追加につき 8,000円/月
  • e-mining あるいは炎上アラートをご契約頂いているお客様には、さらに特別料金をご用意しております。(詳細はお問い合わせください)
  • 契約期間は1年間となっております。
  • 初期費用をお支払いいただくことで、過去に捕捉した漏えい補足データを全て提供いたします。過去データが必要ない場合は、初期費用は無料とさせて頂きます。
  • 金額はすべて税抜き価格です。

無料調査キャンペーン実施中!
貴社ドメインの過去の漏えい件数を無料でお調べします。

その他のサービス

SNSコンプライアンス研修 働くひとのための炎上防災訓練

e-learning

働くひとのための
炎上防災訓練

体験型企業向け炎上対策トレーニング「炎上防災訓練」

トレーニング

炎上防災訓練

SNSモニタリングツール e-mining(イーマイニング)

ツール監視

SNSモニタリングツール e-mining(イーマイニング)

炎上リスクモニタリング

有人監視

炎上リスクモニタリング

ソーシャルリスク対応コンサルティング

運用体制

ソーシャルリスク
対応コンサルティング

炎上アラート

炎上の早期発見

炎上アラート

中国国内のソーシャルリスク監視サービス

チャイナリスク

中国国内のソーシャルリスク監視サービス

ソーシャルリスク対策マネージャー養成プログラム

運用体制

ソーシャルリスク対策マネージャー養成プログラム